※ 史環的個人備忘録頁 ※





倭 堕 髻

2016,4

女性の髪型の一種。堕馬髻から変化した髪。
頭頂に髪を集めて髻を作り、引っ張って片側へ髻を垂らした形。
通常、若い女性が結った。
結った髻を崩して垂らすという手法は堕馬髻と同じだが、
垂髪の堕馬髻とは違い、髻は頭上にある。(注1)
漢魏の時代に流行し、隋唐以降も人気は衰えず長い時代に亘って結われた。(注2)


【 注 】
(1) 但し唐代の頃はこれも「堕馬髻」と呼んだという記録がある。
   李頎《緩歌行》“二八蛾眉梳堕馬,美酒清歌曲房下。”
   白居易《代書一百韵寄微之》詩“金鈿耀水嬉,風流夸堕髻。”
       注“貞観末,城中復為堕馬髻,啼眉粧也。”
(2)漢楽府《陌上桑》詩“頭上倭堕髻,耳中明月珠。”
   徐伯陽《日出東南偶》“羅敷粧粉能佳麗。鏡前新梳倭墮髻。”
   晋崔豹《古今注》巻下“堕馬髻今無復作者、惟倭堕髻、一云堕馬之余形也。”



【 別 称 】  漢字が出ず(涙)
【 略 称 】  倭髻、矮髻、委堕、窠堕 他



【 出 土 物 】
・洛陽市郊永寧寺遺址出土 北魏泥塑



【 出 典 】
・『中国衣冠服飾大辞典』周汛、高春明編著(上海辞書出版社,1996年)
・『中国古代服飾研究』沈従文編著(世紀出版集団 上海書店出版社,2002年)


★ 個人的まとめ 備忘録 ★

【 時 代 】 後漢・魏・晋(南北朝は若干衰退?)隋・唐、それ以降も

魏晋以降、結い上げた髻を様々に垂らした形は絵にも描かれる。
この倭堕髻が元となっている?
上の絵は洛陽市郊永寧寺遺址出土の北魏泥塑がモデルだが、前髪や耳周りは
恐らくこの限りではなく、様々にバリエーションがありそう。
ちなみに、以前描いた南朝齊の 潘玉奴 もこの変形を創作したもの。




BACK      TOP